保育の仕事とそのなり方

保育に関する仕事

女性

保育園などで働く場合、保育士の資格が必要となる。近年では待機児童が増えており、保育士の不足が問題となっており、保育士の資格を取得することで、これらの職に就きやすくなるというメリットがある。また、今後も待機児童の問題は続くと見られており、取得しておくことで就職に有利に働く可能性が有る。保育士になるためには、国家資格の取得が必要であり、この資格を取得しなければなることができない。この国家資格は合格率も低くなっており、取得も比較的難しい資格となっている。大学や短大、専門学校などで保育課程を卒業している場合には、それにより得ることができるが、そうでない場合には通信教育などを利用しながら取得を目指すことになる。

保育士の資格については、社会人が取得することもできるが、試験を受験し取得する必要性が出てくる。この場合には合格率が10パーセント前後となっており、取得が難しい。一般的には、独学による勉強での取得が難しいとされているため、専門学校に通いながら取得を目指すか、通信教育などの利用が必要になる。保育士では、保育園や幼稚園での勤務の他に、託児所や病院での保育施設などでの働き場も多くなっており、取得することでこれらの職に就くことが可能となっている。保育士になるためには、子供が好きであることやまた、体力面に自信があるなどが必要とされている職業である。特に子供相手になるため、気力や体力の必要性の高い職業であるという特徴がある。